管理人多忙のため、コメントの受付を一時停止します(2024年4月中に戻る予定)

同人活動の思い出/イベントや企画を主催してやり遂げる人のすごさについて

同人界隈では、アンソロやオンリーイベントなどの企画を主催してくれる人もいます。
ジャンル内やカプ内にそこまでの行動力がある人がいるかどうかにもよりますが、私が渡り歩いてきたジャンルやカプでは、それぞれ最低一度はそういう企画に参加したことがあります。

アンソロやオンリーイベントだけでなく、イベント後のオフ会や、それとは別の食事会なども、誘っていただいて参加したことがありました。私は自分で主催はしたことが無くて、いつも他の人の企画に乗っかるだけでしたが、だからこそ企画をしてくれる人の存在は有難いと思っていました。

アンソロは、まあ、原稿を集めるだけ集めて逃亡した主催者もいましたが(今どうしてるかな)普通はきちんと発行されましたし、今もそのジャンルでの良い思い出になっています。

オンリーイベントは、知り合いが主催者だった時は私もいろいろ手伝いました。
無事に開催されたオンリーイベントは、サークル側も一般側もすごく楽しみにしていたことが伝わってきて、まさに「この日のためにみんなで作り上げた」感があって、あの空気は好きでした。

実は現役の頃、何度か「ヒロコさんはしっかりしているから、アンソロやイベントの主催もできるんじゃないですか?」と言われたことがあります。でもこれは絶対、私には無理だと思います。

身近な人が主催をやっているのを見てきたからこそ分かるのですが、まず、アンソロの原稿の締め切りやイベントの申し込みのルールなど、大勢の他人をこちらの予定通りに動かすことの難易度が高すぎます。参加者が多いほど、締め切りを守れなかったり要綱を理解できない人が出てきます。
主催者には、そういう人にもキレずに落ち着いて対応できる忍耐力も求められます。

私は傍から見ると「真面目でしっかりしている」ように見えるらしいのですが、実際は努力嫌いで苦しいことは続けられない人間です。絵の練習もしないし、キレた瞬間すべてを放り出します。
アンソロやイベントの主催者がそんな奴だと困りますよね。

ジャンルやキャラへの愛はあっても、責任のある立場を引き受ける自信はありません。
私は、一参加者として他の人の指示に従っているのが最も平和なのです。

ほどよい真面目さと、不測の事態にも負けない柔軟さの両方が必要なことを、何度もこなしている人は本当にすごいです。私がハマったジャンルにそういう人がいてくれたことに感謝しています。
私の過去の楽しい思い出は、そういう人のおかげでできたものもたくさんあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    見てます

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名さん
    ありがとうございます(・∀・)