同人活動の思い出/「腐女子は全員女性キャラを嫌っている」というレッテル貼りについて

ネットをしているとたまに「腐女子は全員女性キャラを嫌っている!」とか「美少女キャラを叩いているのは腐女子!」みたいな意見を見かけることがありますが、私はこれを見るたびに「言うほど腐女子って女性キャラ嫌いか?」といつも疑問に思っていました。

私自身はキャラの好き嫌いに性別は関係無いですし、23年間同人活動をしていた中でも、女性キャラを嫌いだと言う腐女子は実際あまり見たことがありません。

私は同人をしていた頃、BLも男女カプも両方描いていました。百合も稀に描いていましたし、女性側が攻めの女×男も描いていました(すべて成人向けも含みます)
攻めと受けの性別はどちらでもよかったので、最初からBLだけにハマって同人を始めた人とは少し感覚が違うかもしれませんが、それでもBLも好きだったからには私も腐女子だったはずです。

過去に交流していた他の腐女子達も、BLとは別腹で女性キャラも好きな人が多かったです。
自分ではBLしか描かないけど、他の人の作品は男女カプも男性向けも読む人もいました。

ただしこれは、私自身が「カップリングに性別は関係無い」という考えを持っていたから、私の周りに集まる人達も、あらゆる性別の組み合わせが大丈夫な人ばかりだったとも考えられます。
どれかひとつでも絶対にダメという人は、私とは交流できなかったはずです。

なので、私が仲良くしていたグループ以外を見渡してみた時は、本当に男性キャラにしか興味が無くて女性キャラは無視か排除という方針の人も、ごく稀に見かけることがありました。
ですが当時の私の主観では、正直そういう人はめちゃくちゃ少数派に見えました。

もし、女性キャラを嫌っている腐女子が、私が考えていたより水面下にたくさんいたとしても、女性キャラも好きな腐女子だって負けないくらいたくさんいます。
だから「腐女子は全員女性キャラが嫌いなはず!」という発言は、実態を知らない人が思い込みで勝手なことを言っているだけという、ネットでよくあるパターンというやつです。

「男はみんな〇〇」「女はみんな〇〇」「全員が同意見」「100%こうに違いない」
無駄に主語を大きくすると、それに当てはまらない人達からは反感を買います。
具体的な説明は難しいのですが、いいかげんな言葉ばかり使っていると、いつか巡り巡って自分の背中にブッ刺さるかもというのは、私がこれまでの人生で学んできたことです。

私などは、推しカプの片方に公式の彼女がいる場合でも、推しカプと公式カプを別の世界線に切り離して、両方に同時に萌えていたこともありました。でもそのくせ、推しカプの片方に別の男性キャラをあてがった対抗カプ(当然非公式)のことは真面目に憎んだりしていました。

心のどこかに「BLと男女カプは別腹」という感覚があって、攻めに男の彼女と女の彼女が両方いてもいいじゃない!受けに男の彼氏と女の彼氏が両方いてもいいじゃない!と思っていました。
もう自分でも何を言っているか分からないほどの狂気です。これなら「BLカプを推しているから女性キャラは邪魔」と言っている人のほうが100倍まともかもしれません。

ともかく、腐女子の世界はそんなに単純なものではないとご理解いただければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. N より:

    ヒロコさん、こんにちは! 以前、ツイッターの件でコメントしたことがあります。その際は丁寧なお返事ありがとうございました!^^ 元気出ましたよ!!

    さて、女子(腐に限らず)が、マンガやアニメの女子キャラを嫌うのって、そのキャラに対するちょっとした嫉妬、羨望もあるかな~~って思います。現実の自分の容姿!?や決して満足していない今の状況と比べて、2次元世界と分かってはいても、皆に応援されて健気に頑張るカワイイヒロインや、その気はないのにやたらイケメンにもてるキャラに、ちょっとイラッ!とくることもあると思います。(私もそういう時ありました(^_^;) 
    何故だか分からないが、どうしても気になるキャラがいたら、(何故なのだろう。。) と一度深く掘り下げてみると、自分が本当に望んでいることが分かっておもしろいかもしれません。

    また興味深い記事がありましたらコメントいれさせてください。よろしくお願い致します^^

  2. ヒロコ1号 より:

    >Nさん
    こんにちは。私は幼稚園児の頃から今に至るまで、マンガやアニメの可愛い女子キャラ達が大好きです。私はむしろ、作中でも他の女の子よりランクが高くてモテている設定のキャラを気に入ることが多いです。現実にはありえない美しさを尊いと思っています。

    実際、現実でどれほど美人であろうが、永遠に歳を取らない、髪や肌も何も手入れをしなくてもキレイで、大食い設定でもスタイル抜群な2次元美女に勝てるはずがありません。
    現実の人間である時点で絶対に勝てないものに嫉妬?と不思議に思ってしまいます。

    でも、Nさんが仰るような心理があるとしたら、私の場合は「平均以下の容姿なのに不釣り合いなイケメンと付き合っている女」が何故か苦手でした(2次元では珍しいですが)
    逆に「周囲に反対されてもブサメンに惚れる美少女」や普通の美男美女カプは大好きで、そこに自分でも気付かない何かがあるのかもしれません。深く考えてみると面白いですね。