ゲーム界隈における「人権」とか「産廃」とか「爆死」とかいう言葉についての私の感想

私が同人を引退する少し前あたりから、ゲームのガチャで欲しいキャラが当たらなかった時に「爆死した」と言ったり、使いづらい弱いキャラを「産廃」と言ったり、持っていないと不利になるようなキャラを「人権キャラ」と言ったりする人をよく見かけるようになりました。

ネットスラングというのはお世辞にもお上品なものではありませんし、私も20年以上ネットを使ってきて、これまで大量のクソみたいな言葉に慣れ親しんできましたが、それでもさすがにこれらの表現は真面目に嫌だなと思いました。いくらなんでも単語の元の意味の破壊力が高すぎます。

それに私は、同人オタクの立場でゲームのキャラにハマったりストーリーを楽しんでいたので、弱いキャラでも推しなら頑張って使うのが愛だという考え方でした。だから、キャラの価値を性能だけで判断するゲーマーの感覚が理解できず、腹が立ったというのもあります。

まあその点については、ゲームの楽しみ方が根本的に違うので仕方が無いのですが、だとしてもその単語は無いだろうと、これは同人を引退した今でも思っています。
こういう言い方が生まれて定着してしまうということは、そこにいる人達の民度もお察しだと言いたいけど、でもネットスラング自体がそもそも…でブーメランになるのでそこは黙っておきます。

ただ、普通に定着していてみんなが使っている言葉でも、自分は嫌だから使わないと決めることはできます。みんなが使っているからではなく、自分が良いと思うかどうかで判断してください。
私もソシャゲをしていて、界隈の一部の空気がどういうものかも分かっていますが、自分の信念のもとに使いたくない言葉は使わない、他人のノリには同調しないと決めています。

たとえ心の中でも、ガチャが外れた時に「爆死した」とは言わないようにしています。
そういう時は「〇〇来なかったな~(´・ω・`)残念」でいいじゃないですか。
言語というものを知っているなら、いくらでも他の言葉に置き換えることができるはずです。

心の中で思っている言葉は、結局は外にも出てくるというのが失言の仕組みです。
自分が嫌だと思う言葉は、外側を取り繕う以前に内側から消してしまうのがベストです。

しかし「炎上」はいいけど「爆死」は不快だというのも、自分でも不思議だなと思います。
完全に個人の感想なのですが、これは人それぞれみんな違うのでしょう。
なので、特定の言葉についても「私が使いたくないから使わない」というだけで、他人がその人の考えでその言葉を使っているのを注意したりはしません。が、私は絶対に使いません。

それで日本語ヘタクソな人が炎上してどうなろうが、私は黙って見ているだけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名K より:

    ヒロコさん、こんにちは。いつもブログを楽しみに読んでいます。
    今回の記事も私が日頃感じていた事をちゃんと考えるきっかけになりました。わたしは自分の子供と同じソシャゲをプレイしていて、攻略情報は子供から教わっています。記事に書かれている言葉は子供たちがよく使っている言葉で、ガチャで「爆死した」はしょっちゅう耳にしているので余り気にはしていなかったです。お目当てのキャラクターが出るガチャを引くためのアイテムを長期にわたってコツコツと貯めた上で、「ハズレて」しまうのは本当にガッカリするようで、オタク独特の大袈裟な表現かなと思っていました。でも良く考えると行き過ぎた言葉ですね。現実世界で戦争や戦闘の映像などが流れているのを見ると軽々しく使う言葉じゃないなと思います。

    最近「環境」キャラさえ育てておけばいいよとアドバイスを受けて、意味をネットで調べてなるほどと理解しました。子供は「人権さえ持っていればまわるシステムなのが詰まらない」というような言い方もします。わたしは「人権」という表現は、何か使い方を根本的に間違えているようなおかしなレトリックだと感じました。これもネットで調べて「環境」と同じ意味だと納得はしましたが、あまり定着して欲しくないなと個人的に感じています。

    得てして、オタクの表現は大袈裟です。そこが興味深くもありますが、キャラクターを蔑む表現などはちょっと行き過ぎを感じます。「産廃」は記事で初めて知りましたが、わたしも使いたくないです。たとえレア度が低くても性能が低くても好きなキャラクターを愛でていたいし一緒に行動したい(ゲーム内で)です。

    言葉は時代や風潮に沿って使い方や意味合いは変わるものですが、自分が新しい表現を取り入れるかどうか、流されずにいることも大切だと記事を読んで思いました。オタクならではの「言い得て妙」みたいなユニークで楽しい表現がもっと増えるといいですね。

  2. ヒロコ1号 より:

    >匿名Kさん
    こんにちは。私自身も長年ネット文化にどっぷり浸かってきて、若い頃からロクでもない言葉にたくさん触れてきましたが、そんな私が初めて真面目に不快だと感じたのが、今回の記事に書いたゲーム界隈の用語でした。正直「これまでに見てきた他の言葉も大概だろ」とツッコまれるとは思いますが、やはりキャラを蔑む表現が個人的に引っ掛かったようです。

    私も過去に、欲しいキャラが課金しても手に入らなかったことがあり、その時はかなり落ち込みました。それでもガチャは「ご縁」なので、運に任せてお迎えできなかったのなら潔く諦めるしかありません。その心境を「爆死」と言うのは、個人的には違和感があります。
    確かに残念だし悔しいけど、でも「死んでどうする」と冷静になってしまいます。

    ゲームのバランス調整はキャラが増えるほど大変で、全員が活躍できるようにするのはとても難しいだろうから、その中で「使えない」と思われてしまうキャラが出てくるのは仕方が無いと思います。でも同人オタクとしては、それだけで判断したくないのですよね。

    同人をしていた頃、キャラを愛する人は、自分の推しが「人権」や「環境」と言われるのも嫌がっていました。性能しか見ずに他のキャラを貶める人達とはどうにも相容れません。
    これはキャラ愛を重視する人間の勝手な事情ですが、そういう各自のポリシーに従って、自分が使う言葉は自分で決めることが大事なのかなと考えています。

  3. まおちゃん より:

    こんにちは。

    前回、コメントをさせていただいた以降も色々な記事を読ませていただいております。

    考えさせられる記事がたくさんあってどこからと思いましたが、この記事については
    ただ全面的に同意するというだけでなく、少し違った角度からコメント出来そうでしたのでコメントさせて下さい。

    ゲームにおける「人権」「環境」といった言葉遣いにつきまして、決して美しい言葉ではありませんが、それほど不快に思うことではないのではないか、と思うのです。

    なぜなら、そういった言葉の裏にあるのはあくまでキャラの「性能」に対しての
    不満であるからです。そういった意味では掲示板の方がアンチの方々により、
    キャラに対する誹謗中傷に溢れて不快な気持ちになります。

    最近のソシャゲはゲームのバランス調整が極端になりやすく、一部のキャラでなければ
    挑戦権すらないということがよくあります。
    その他のキャラの場合、役に立たないだけならまだしも、そのキャラがいるおかげで負けるといったものさえあります。(例えば敗北条件が味方が1人でも戦闘不能とか)

    一昔前のソシャゲはゲームに対する理解度が高いプレイヤーさんであれば、それこそ様々な知識を総動員して古いキャラやレアリティの低いキャラでも上手く活用して勝利出来る絶妙なゲームバランスでしたが、最近は上位1%未満の最前線でしか勝負にすらならないという事がよくあるのです。

    プレイする側としてはやはりクリアをしたくてゲームをするので、一生懸命貯めた課金アイテムでクリアする為のキャラが出ないのはとても悔しいこと。

    それに対して毒づくのも、仕方がないことなのかと思います。
    どちらかというと利益の為とはいえ、そういった極端なバランス調整しか出来ない
    ゲーム運営に対し毒づきたい気分になります。

    言葉として不快という意見は同意ですが、根本的にはキャラ個人に対する不満ではなく
    あくまで「性能」に対する不満によるところが大きいと思いますので、
    少し柔らかく見ていただいても良いのではないか、と思います。

  4. ヒロコ1号 より:

    >まおちゃんさん
    こんにちは。この記事は実は、2022年2月に起こったプロゲーマー「たぬかな」さんの暴言炎上騒動を受けて書いたものです。記事内では名前を出していませんが、時期的にお気付きの人もいたかもしれません。普段からゲームで気軽に「人権」と言っているから、気が緩んで実在の人間に対しても「人権が無い」と言ってしまったのだろうなと思います。

    人権はさすがに、言葉の成り立ちを考えると、キツイ言い方かどうか以前の問題で、それをゲーム用語にするのは個人的に不適切だと感じます。他人が使うのは止めませんが、言っている人がいたら「うわあ」とは思いますね。人によっては他の言葉のほうが嫌だということもあると思いますが、私は20年以上ネットをやってきてここまで不快になったのは初めてです。

    私自身は「一部のキャラがいないと進むこともできない」ほど酷いバランスのゲームは掴まされたことがありませんし、そういった仕様のゲームは運営自体に問題があるためそもそもプレイしません。いれば有利なキャラはいるけど、いなくてもクリアは可能というゲームしかしたことがないので、ガチャは性能よりも好きなキャラだから引いています。

  5. まおちゃん より:

    ご返信ありがとうございます。

    なるほど、実在の人間に対しての言葉というのであれば最低の差別用語であると思いますし、人前で言ってしまう方に対して擁護の余地はないですね。

    私自身はゲーム用語としての「人権」という言葉に対してヒロコ1号様のような嫌悪の感情までは特にありませんでした。
    人を否定する言葉は他にいくらでもありますし、言葉自体よりも使われている意図の方が重要だと考えていたからです。

    ただ、その事によって不快を感じる方がいる事が分かったので、今後は注意したいと思います。
    適切な言い回しなら「環境」とかが無難でしょうか。

    ゲームバランスが悪いソシャゲは私の中では当たり前になりつつあります。
    某超有名ゲームメーカーの作品が多いので、そこの会社がそういう経営方針なのかと。
    初めた当初はそういった様子はまるでなくてここ2〜3年ぐらいでシフトした感じがします。

    ヒロコ1号様はそういった経験がないとのことで羨ましい限りです。

  6. ヒロコ1号 より:

    >まおちゃんさん
    そうですね、環境くらいの言い方のほうが無難ではないかと思います。
    いろいろな界隈にいろいろな用語がありますが、昨今のゲーム用語のように、知らない人が聞いたらギョッとしてしまいそうな表現は珍しいと思います。これによって、ゲームをしている人の性質がそのようなものと見られてしまったら、オタクの私としては悲しいです。

    私もゲームをしていますが、昔ほど必死に取り組んでいるわけではありません。
    若い頃だったら、無理をしてでも高レアキャラを手に入れようとしたかもしれませんが、今は新規キャラ無しでの攻略や低レアキャラのみでの攻略を動画にして上げてくれている人達もいますので、それらを参考にしてのんびり付いて行っています。

  7. まおちゃん より:

    「たぬかなさん」の事件は明らかに本人の普段からの言動の問題だったようですが、
    昨今、誰かが何かを発信するとすぐに批判や攻撃を始める方がいるのはとても残念に思います。

    「人権」って確かにとても強い差別用語でしょう。でも、その言葉だけですぐに
    「これだからオタクは」とか「これだからゲーマーは」というのも偏見がすぎると思うのですよね。

    本当に「人権」というものを尊いと感じている人であれば、「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるように簡単に人を攻撃しないのではないでしょうか。
    ただ、騒ぎに便乗して誰かを攻撃したいだけなんじゃないかなって思わされる事が少なくないのです。

    少なくとも私は「罪を憎んで人を憎まず」の博愛精神を持つことは出来ません。
    悪人がいれば「生きている価値がない」と感じてしまう以上、人権を尊んでいるなど口が裂けても言えません。
    公に口にはしないので社会性の差はあるかもしれませんが、本質は大差ないのかもしれません。

    そういった意味で「たぬかなさん」の件も大人としての言動は非常に残念に感じるものの、大きな声で批判など出来ないな、と思っています。

    話は戻りますが、「言葉遣い」への意識というのを再認識させてくれた
    良い記事をありがとうございました。
    他の記事も楽しみに読ませていただきます。

  8. ヒロコ1号 より:

    >まおちゃんさん
    何かが炎上した時は、その内容について真面目に考えて意見を言う人達だけでなく、ただ攻撃したいだけの人達も必ずくっついてきます。SNS時代になってそういう人達がたくさん目に付くようになりましたが、実際は昔から存在はしていたと思います。

    とは言え、いくら攻撃したくても、何もしていない人を攻撃することはできません。
    「こいつは攻撃してもいい」と思われるようなことをやってしまうから叩かれるのです。
    叩かれるほどマズイことかどうかは、自分ではなく周囲が決めることなので、周囲と感覚がズレている人は、何が叩かれるのかも理解できなくて苦労しそうです。

    私自身は、本当ならネット上から消えるのが一番安全だと思っています。
    同人を引退したのなら、本来はもうお役御免で去ったほうが自分にとっても良いと分かっていますが、リスクを負ってでも言いたいことがまだあるのでブログを書いています。

  9. まおちゃん より:

    「攻撃してもよさそうな相手を探す」というのは正にその通りだと思います。
    発想が本当に怖いですね。

    ネット文化が進歩すればするほどにこういった未熟な人が増えたような感じがして、
    ネット普及前の時代に戻って欲しい気持ちが年々増しています。

    私自身、未熟な人間の自覚があるのでsnsには手を出さないように心に決めています。

    ヒロコ1号様の記事の一覧を見ると、Twitterの記事が多いようでいかに危険なものかが
    目に浮かぶようです。

    少なくとも私はヒロコ1号様の記事はとても興味深いと感じています。
    自分は間違っているかもしれない、何かが足りないかもしれないといつでも心の片隅で思うように心がけているので完全に同意できる記事でも、そうでなくても自分を見つめ直す良いきっかけとなっています。

  10. ヒロコ1号 より:

    >まおちゃんさん
    ツイッターは、個人的に恨みがあると言っていいほど私にとっての「攻撃対象」です。
    退会して何年も経つのに、まだフラッシュバックします。そろそろ本当に忘れたいです。
    SNSと言えばインスタ疲れもありますが、私はインスタは使ったことが無いのでよく分かりません。興味が無かったりデメリットが予想できるなら、最初からやらないのが一番です。

    私も沸点をこえればどうなるか分かりませんのでとても未熟ですが、そのままネットを使っています。楽しいこともたくさんあるけど、ネットが無ければ知らずに済んだ嫌なこともたくさんありますね。これはもう後戻りできないので、両方受け入れていくしかないです。

  11. まおちゃん より:

    人の発信が目に付きやすくなったので、人や企業の不正といったものが
    表に出やすい環境になったような気がするのでそこだけはsnsの進歩も
    良いこともあるかも、ぐらいで他にメリットと呼ぶべきものが
    ほぼ見えてこないので便利というより困ったものという印象が強いですね。

    Twitterアカウントは昔に気まぐれで作りましたが、一度も呟かず、
    フォローもフォロワーも0なので何も知らないとほぼ同じ状況です。

    まず、ネット上とはいえ独り言を呟くっていうツールと聞いて危険極まりないです。
    誤解や偏見全開かもしれないですが、「構ってちゃん支援ツール?」的なイメージが
    強いのです。

    だって、本当にただの独り言なら、ネット上で呟く意味ないですよね。
    個人の日記帳なり、自宅で一人で呟くなどすれば言い訳じゃないですか。
    ネットに書いてる時点で自身で積極的には動かずに誰かに見て欲しい気持ちが
    あるわけですよね。

    その控え目に見せかけた自己主張の強さみたいなものが日本人の醜い部分を
    凝縮したような、そんなものを感じさせます。

    Twitterはそういった意味で企業や著名人の宣伝以外に上手い利用法が見えないですが、
    個人サイトは明確に相手を指定したコミュニケーションであるので、上手く活用出来れば
    すごく価値のあるものになり得ると思います。

  12. ヒロコ1号 より:

    >まおちゃんさん
    私も、SNSのおかげで、昔なら隠蔽されていたかもしれない不正などが暴かれるようになったのは良いことだと思っています。まあその分、デマなどもすぐに拡散されますが。

    私はツイッターを、個人サイトでの交流の延長として使おうとしました。同じジャンルの人と話をしたり、作品を見せ合ったりする、双方向のコミュニケーションを求めていました。
    そういった使い方ができるツールのように見せかけて、実際はまったく違うものでした。
    私も、ネット上の独り言(?)に対する考えは、まおちゃんさんとまったく同じです。

    敢えて庇うなら、ツイッターは外国の会社が作ったもので、開発した人はそんな使い方をしてほしかったわけではなかったのかもしれません。ですが、あまり日本人と一括りにはしたくありませんが、日本のオタク女には毒だったという事例が多いのは確かかなと思います。

  13. まおちゃん より:

    情報をすぐに鵜呑みにせずに自身で考えてみるとか裏を取ってみるということが
    大切ですよね。

    オタク用語?でも「脳死」という言葉があり、不謹慎だと言われそうですが、
    オタク関係なく自身で考えられない人はたくさんいると思います。

    頭が良いとか悪いではなくて、もし自分がその立場だったらって考えてみるだけでも
    全然違うと思うのです。
    もちろん立場が違えば見える世界も違いますし、自身で考えている以上は完全な客観視ではありませんが、それでも何かしら発見はあるはずなのに残念です。

    自身で考えてみることもせず、ただ流されているように生きている事に私は
    価値を感じないので「脳死」という言葉は割と的確な表現かもしれない、と。

    聞き心地が悪い言葉ですが、強い言葉ほど「本質」をついていることが結構多いと
    感じます。

    Twitterに関しては利用経験がほぼ0なので偏見と言われても否定出来ませんが、
    Twitterに疲れる人にとってはかなりの割合で当て嵌まるのではないかと思います。

    宣伝以外でTwitterをやる理由はおそらく交流目的が多いと私も思います。
    でも、残念なことに人って人の日常生活に対して興味ないものだと思うのです。
    恋愛している人は意中の相手のプライベートが気になることはあるでしょうが。

    興味がないものを延々と見せられるってどう考えても苦痛ですよね。
    家族や友人であってもそうなのですから、顔すら知らない他人なんて比べるべくも
    ないでしょう。
    「幸せマウント」「鬱発言」「日常報告」どれを取っても楽しいはずがなさそうです。

    こういうものは、友人等の自分の親しい相手とたまに交わすから良いのであって、
    他人と日常的にやっていたら、それはストレスが溜まって当然だと思います。

    そんな事はないっていう心の広い方もいるかもしれませんが、私には理解不能の
    聖人メンタルとしか思えませんし、そんな関係はリアルの友人だけで十分です。

    sns文化を受けて交流とは不特定多数とするものではなく、自分で明確に相手を選んでするものだとつくづく思います。

  14. ヒロコ1号 より:

    >まおちゃんさん
    実はこの記事で「脳死」という言葉も例として挙げようかなと考えたのですが、これもかなり字面がキツくて、とりあえず「人権」などに言及すれば充分かなと思い省きました。

    ツイッターは、暴言などを目に入れないようにすれば大丈夫と軽く考えていました。
    でも実は「興味がないものを延々と見せられる」のも相当な苦痛だと学習しました。
    私は最初これに気付けなくて病んでしまいましたが、今後は回避していきたいです。